2018年06月20日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

インビザラインは取り外しのできる歯列矯正

歯並びが悪いと、見た目の問題だけでなく、磨き残しが出て虫歯ができやすかったり、噛む時不均衡に力がかかることで肩や腰が痛くなったりと、さまざまな問題を起こします。
歯並びが悪い人は、できるだけ矯正歯科を受診して歯列を整えるようにしましょう。
矯正方法には複数の種類がありますが、近年人気が高いのはインビザラインという方法です。
それでは、これはどのような矯正方法なのでしょうか。
見ていきましょう。

矯正歯科で用いられる矯正装置には、さまざまな種類があります。
歯列矯正でもっとも一般的なのは金属ブラケットで、金属製のワイヤーを歯にはめて矯正するというものです。
幅広い症例に適合し、ほかの装置に比べて安価ですが、非常に目立つ点がデメリットでしょう。
透明や白い色の審美ブラケットや歯の裏側からはめるブラケットなどは、金属ブラケットに比べると目立ちませんが、費用が高めになります。
マウスピース矯正はこれらの方法とは異なるやり方で、透明な素材のマウスピースを歯にかぶせるというものです。
目立たないため、装着時でも周囲からほとんど気づかれずに済みます。
また、ブラケットはずっと装着する必要があり装置周辺を磨きにくいといった問題がありますが、マウスピースの場合は食事時や歯磨き時に取り外しできますので、口腔内を衛生的に保つことができます。

インビザラインはこのマウスピース矯正システムのひとつです。
他のマウスピースと比較して異なるのは、治療開始から完了までコンピューター上で歯の動きをシミュレートできるという点です。
食事や歯磨きの時は取り外し、それ以外の時間は装着を続けて、一定期間経過ごとにマウスピースを取り換え、少しずつ歯並びを整えていくという方法を取ります。
万が一シミュレーション通りに動かない歯があった場合は再度計画を立て直して治療を継続し、きれいな歯並びへと導いていきます。

インビザラインは高い治療実績が認められている矯正方法で、全世界で300万人以上の患者がこのシステムによって歯列矯正を行っているといわれています。
ただし、どこの矯正歯科でもこのシステムを用いているわけではありません。
インビザラインによる矯正治療を希望しているときは、治療実績が豊富で信頼できる矯正歯科を探して受診しましょう。
その際は、初回カウンセリングでシステムの説明をしっかり受け、治療にかかる期間や費用がどのくらいかかるかといったことも確認しておきましょう。

関連記事はこちら

  • 審美歯科でワイヤーよりも見た目を損ねない歯列矯正をに関する画像
    2018.05.26

    審美歯科でワイヤーよりも見た目を損ねない歯列矯正を

    女性にとって小顔で美しいフェイスラインを手に入れたいと思っている方は少なくありませんが、骨格は自分自身ではどうすることも出来ないので諦めてしまっている方は少なくありません。 しかしフェイスラインの崩れの原因が歯並びの悪さの場合、審美歯科で歯科矯正をきちんと行うことで歪んだ歯並びを正しい位置に戻してあ...

  • 入れ歯よりも負担の少ないオールオン4は安全?に関する画像
    2018.05.01

    入れ歯よりも負担の少ないオールオン4は安全?

    自分の歯が1本も残っていない無歯顎の患者さんの多くは、入れ歯を使っていますが、「会話がしづらい」「食事の際、不便を感じる」「見た目が自然でない」「違和感がある」など、悩みを持つ人は少なくありません。 このような悩みを解決する方法として登場したのが、インプラント治療です。 インプラント治療は、入れ歯で...