2018年05月01日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

入れ歯よりも負担の少ないオールオン4は安全?

自分の歯が1本も残っていない無歯顎の患者さんの多くは、入れ歯を使っていますが、「会話がしづらい」「食事の際、不便を感じる」「見た目が自然でない」「違和感がある」など、悩みを持つ人は少なくありません。
このような悩みを解決する方法として登場したのが、インプラント治療です。

インプラント治療は、入れ歯では不自由を感じる人にとってメリットが多いものの、デメリットも伴います。
特に、無歯顎の場合、多くのインプラントを挿入する必要があり、治療費が高額で、手術の時間も長くなります。
また、骨を形成する手術も行わなければならない場合もあります。
このような点から、従来のインプラント治療は、経済的にも体力的にも負担が大きく、全ての患者さんにとってベストな治療法とは言えません。

オールオン4は、4本のインプラントのみで全ての歯を補うことができる新しいインプラント治療です。
全ての歯を失っている場合や、残っている歯が歯周病などに侵されて機能していない場合に、大変有効です。
しっかりと固定できるため、骨が薄かったり、少ないなどの問題があっても、多くの場合、他の手術を行う必要はありません。
また、手術後に、仮歯を装着できるので、当日から簡単な食事をすることもできます。
このように、オールオン4は、患者さんにとって、経済的にも体力的にも負担が少なく、画期的なインプラント治療として注目されています。

オールオン4は、機能的にも審美的にも優れており、患者さんの生活の質を向上させることができますが、安全なのでしょうか。
デメリットとして挙げられるのが、手術でのリスクです。
インプラントを挿入する際、神経や血管を傷つけてしまうことがあり、出血、しびれ、麻痺などを招くリスクがあります。
設備や機器に加え、高度な技術力と経験が必要な手術であるため、歯科医院は慎重に選びたいものです。
術前検査をきちんと行っているか、アフターフォローの体制が整っているかということも選ぶポイントになります。

また、保険適用外の治療になるため、保険適用の治療と比べると、高額になります。
日本では、オールオン4を行っている歯科医院はまだ少なく、地方に行くほど選択肢が少なくなります。
遠方から通院しなければならない場合は、交通費が別途必要です。
定期的に検査を受ける必要があり、費用がかさばることも念頭に置いておかなければいけません。
カウンセリングで、どれくらいの料金がかかるのか確認し、信頼のおける医師の下で、治療を受けるようにしましょう。

関連記事はこちら

  • インビザラインは取り外しのできる歯列矯正に関する画像
    2018.06.20

    インビザラインは取り外しのできる歯列矯正

    歯並びが悪いと、見た目の問題だけでなく、磨き残しが出て虫歯ができやすかったり、噛む時不均衡に力がかかることで肩や腰が痛くなったりと、さまざまな問題を起こします。 歯並びが悪い人は、できるだけ矯正歯科を受診して歯列を整えるようにしましょう。 矯正方法には複数の種類がありますが、近年人気が高いのはインビ...

  • 審美歯科でワイヤーよりも見た目を損ねない歯列矯正をに関する画像
    2018.05.26

    審美歯科でワイヤーよりも見た目を損ねない歯列矯正を

    女性にとって小顔で美しいフェイスラインを手に入れたいと思っている方は少なくありませんが、骨格は自分自身ではどうすることも出来ないので諦めてしまっている方は少なくありません。 しかしフェイスラインの崩れの原因が歯並びの悪さの場合、審美歯科で歯科矯正をきちんと行うことで歪んだ歯並びを正しい位置に戻してあ...