2018年05月26日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

審美歯科でワイヤーよりも見た目を損ねない歯列矯正を

女性にとって小顔で美しいフェイスラインを手に入れたいと思っている方は少なくありませんが、骨格は自分自身ではどうすることも出来ないので諦めてしまっている方は少なくありません。
しかしフェイスラインの崩れの原因が歯並びの悪さの場合、審美歯科で歯科矯正をきちんと行うことで歪んだ歯並びを正しい位置に戻してあげることで見た目も美しくなります。
骨格も正しい状態に戻すことが出来るので時間がかかっても今よりも小顔にすることが出来るなど美容目的として治療を受ける女性が増えてきています。

ただ歯科矯正は最短でも1年間は専用のワイヤーを常に歯に装着しておく必要があります。
見た目があまり良くないことや口を開いた時に周りに矯正治療中だとわかってしまうので、仕事の関係上目立たずに治療を行いたいという方にはワイヤーを利用した歯科矯正は受けにくいデメリットがありました。

そんな悩みをお持ちの方に注目されているのが、ワイヤーを利用しない『クリアアライナー』と呼ばれる歯科矯正を審美歯科で受ける方法です。
クリアアライナーとはブラケットやワイヤーを使用せずに、2週間ごとに審美歯科で新しいマウスピース型の装置を交換して、歯の並びを治す歯科矯正治療方法です。
一回交換をすると約0.4~1mm程度歯の位置を動かせるようになるので、繰り返し治療を続けていけば美しい歯並びを手に入れることができます。

クリアアライナーは、ワイヤーとは違い好きな時に取り外しを行うことが出来ます。
食事をする時や歯磨きをする際に外せばワイヤーの間に汚れが溜まりやすくなり、歯のトラブルや口臭の原因となりにくいメリットがあります。
マウスピース自体が透明で目立ちにくいので日中装着していても不自然さが無いのが大きな特徴となっています。

またブラケットやワイヤーを利用した治療は、歯を強く締め付けるため口腔内を傷つけてしまい、治療時の痛みや口内炎が起こりやすいデメリットがありました。
クリアアライナーなら取り外すことが出来る事や、歯の位置に合わせて毎回型をとっていくので歯の形にあったマウスピースで口内を傷つける心配がありません。
万が一虫歯などの歯の治療が必要になった場合も歯科矯正中でも口内治療を受けることが出来ます。
ただ取り外しが行えるからと言って、せっかく作成したマウスピースを外す時間が増えてしまうときちんと歯の矯正を行うことが出来ない可能性があるので、1日17時間以上は装着することで矯正効果を得ることが出来ます。

関連記事はこちら

  • インビザラインは取り外しのできる歯列矯正に関する画像
    2018.06.20

    インビザラインは取り外しのできる歯列矯正

    歯並びが悪いと、見た目の問題だけでなく、磨き残しが出て虫歯ができやすかったり、噛む時不均衡に力がかかることで肩や腰が痛くなったりと、さまざまな問題を起こします。 歯並びが悪い人は、できるだけ矯正歯科を受診して歯列を整えるようにしましょう。 矯正方法には複数の種類がありますが、近年人気が高いのはインビ...

  • 入れ歯よりも負担の少ないオールオン4は安全?に関する画像
    2018.05.01

    入れ歯よりも負担の少ないオールオン4は安全?

    自分の歯が1本も残っていない無歯顎の患者さんの多くは、入れ歯を使っていますが、「会話がしづらい」「食事の際、不便を感じる」「見た目が自然でない」「違和感がある」など、悩みを持つ人は少なくありません。 このような悩みを解決する方法として登場したのが、インプラント治療です。 インプラント治療は、入れ歯で...